思考の試行

「無限増幅のうそ地獄」

 もしもこのまま目覚めなければ,私は何を後悔するのだろう。

部屋の片付けを含む,身の回りの物を整理しなかったこと。

外見を磨き,美しく在れなかったこと。

 明日死ぬつもりでつらつら書き始めればもっと次から次へと出てくるもんかと思ったのに,意外と出てこないものだなと感じているのが今のところの素直な感触だ。

 あまり感情に波が出ないように,何とか騙しながら生きてきた。

 もちろん完ぺきではないから,その時その時で波はある。瞬間的な怒りや悲しみ,すごく楽しかったことや嬉しかったことだってたくさんある。

 けれど,今それを思い出そうにもうまく思い出せないのが正直なところで,その場その場では確かに感じたことも,今となっては他人の記憶であるかのように曖昧になってしまった。確かにそこに私は存在し,経験した。でもいつだって一歩引いたところから誰かに監視させていたように思う。

 平生そんな自分とは向き合わないようにして生きているので,本当にやりたいことや考えていることはいつだって自分にもわからない。だから誰かに合わせるのはとても楽で,人の感情を左右することすらゲームのように思われる。

 もしこのまま目覚めなければ,そんな私は何を後悔するのだろう。

嫌なことを嫌と言わなかったこと。

悲しいときに悲しいと言わなかったこと。

泣きたいのに笑ったこと。

好きな人に会いにいかなかったこと。

行きたいところに行かなかったこと。

優しく在ろうとしたこと。

人を信頼しなかったこと。

誰かに甘えなかったこと。

辛いと言わなかったこと。

嫌いだと言わなかったこと。

 こんな風に抽象的な1つのジャンルにするとすごくありきたりで,つまらない人間だなあと思う。でも一つ一つ詳しく書き始めればきっと「あれもそれも」ってどんどん思い出してキリがなくなってしまうんだと思う。そしてそんなにたくさん挙げたのに見返してみるときっと結局どれもありふれすぎているつまらない後悔なんだろうと思う。

 いつもこうやって自分の思考にストップをかけてしまう,悪い癖だと思う。突き詰めて考えていけばたぶん積年の恨み辛みが止まらないのだろう。隠し続けた感情たちが本当は死んでないよって一斉に雪崩れだして私は私の収拾をつけられなくなりそうだ。

 もう,昨日のこともろくに思い出せない。本当は思い出すくらい容易いんだけど,脳みそが一旦停止するようになってきている。急いで思い出さなければならないようなことは何もないので,止められるがままやめてしまう。それでいいのだと思う。このまま隠し続けて,みんなの思う,私の思う,今の私のままで死んでしまいたい。

 

広告を非表示にする